流量計の設置で工場の利益が守られる|選びたい魚群探知機の種類

男女

機器ごとの特徴

作業

多くの工場で利用されている流量計は、主に冷却水などの流量を図るための機器です。工場で継続して稼働する機器は、次第に熱を帯びてくるものです。そのまま稼働し続けさせれば、熱によって機器の破損やコンピューターの誤作動を招く恐れがあるため、冷却水は必要となります。流量計を用いることで、機器の使用に必要な量の冷却水を汲み上げ、循環させることができるので、工場に取って重要な機器となるでしょう。この冷却水は随時循環させればよいというものではありません。地下などから工業用水を汲み上げ、循環させるとなるとそれだけ多くの電力を必要とするのです。必要なときに必要な量の冷却水を使用する流量計を用いることで、工業用水の使用における電力をカットできるため、節電による利益が得られるでしょう。高精度の流量計を用いれば、必要なだけの電力のみで済むため、年間を通して大きな節電効果が得られるでしょう。

流量計には機器ごとに液体、または気体の流れる量を測定する方法が違っているものです。コイルを用いた電磁波によって測定する機器もあれば、フロートと呼ばれる浮きの上下によって測定を行なう機器も存在します。液体や気体の測定に特化したものがあれば、たくさんの流量を図ることのできる機器、粘度の高い液体を図れる流量計など、測りたいものに特化した機器を選ぶとよいでしょう。液体と気体を測れる流量計として多く用いられているのが超音波式流量計です。この超音波流量計は、配管に負担を掛けずに対象の液体や気体を測れるので、多くの工場で用いられています。配管の外側から測れるタイプの流量計も存在するので、配管への工事を必要とせず、外側から簡単に取付けることができるでしょう。配管工事のコストも掛からないので、安く手軽に設置することができるのです。